WATARI-UM  
home sitemap contact
exhibition infomation lectures/workshops
about WATARI-UM
・建築家マリオ・ボッタ(スイス)からの「建築彫刻」の美術館
・1990年9月開館
・展覧会作りの世界的な専門家を招き、コンテンポラリーアートの発展に国際的に貢献しているアーティストの参加を実現
・国際的アートにおける日本の位置の再検討を迫る場
・日本やアジアのアーティストについても丹念な関係構築

ワタリウム美術館へ

アートの「世界」は、いま文字通り「世界のアート」へと、広がろうとしています。そしてワタリウム美術館は、そうしたアートの発展の中心の一つをなしていると、わたしは考えています。いま、世界の至る所で多くの人々が求めてやまないものを、ワタリウム美術館は最も高いレベルで、しかも極めて洗練された方法で、実現しているのです。
ワタリウム美術館ははやくもその出発点から、山の頂きを見つめていました。このことは、美術館の設計のために建築家マリオ・ボッタを招いた決断に、すでに見ることができます。また、展覧会作りの世界的な専門家を招き、コンテンポラリー・アートの発展に国際的に貢献しているアーティストの参加を実現したことからも明らかです。東京という土地に根を下ろした活動でありながら、閉じこもった地域主義に陥ることなく活動を続けているのです。
こうした極めて高い水準で、国際的なアートにおける日本の位置の再検討を迫る場が、出現しつつあるのです。最高の物さしを選んだことは、最も厳密な判断を下す事だけでなく、最高の挑戦を生み出す事をも意味するのです。

美術館の選択としてこれまでに採り上げたアーティストのリストから浮かび上がってきたのは、ワタリウムがはっきり日本に基盤をおいている事です。そして同時にワタリウム美術館は、どこの土地であれ、重要だと考えられているものであればすべてを展覧会として紹介しています。閉鎖的な「地域主義的」という言葉でも、「国際的」という言葉でも、くくることはできません。それは、独自の文化が育んだ感性にもとづいて世界との絆を求める、日本の選択の現れなのです。
また一方、ワタリウム美術館は、日本やアジアのアーティストについても密度の高いリサーチを行い、丹念な関係作りをしています。美術館が行う提案全体の中で、欠くことのできない部分を構成する可能性を、アーティストたちは与えられているのです。
こうして、ワタリウム美術館は、世界のあらゆる土地の人が耳を傾ける、ひとつの声になりつつあります。いまを超えて、いつか日本がワタリウム美術館にさらなる感謝の言葉を贈る日がやって来ることでしょう。  

  
ヤン・フート 
(ベルギー・ゲント現代美術初代館館長, ドクメンタ9芸術監督)




The world of art is increasingly becoming art in the world. Within that development I find the Watari-Um Museum to be one of the central places。 It is realizing on the highest level and in a very refined way what many people are trying to do everywhere。
From the very beginning the Watari-Um Museum has aimed its gaze at the top of the mountain. This could already be seen in the decision to invite Mario Botta to design the building. It could be seen by the invitation of world specialists in exhibitionmaking and the inclusion of artists that are international references for the development of contemporary art. Never was there a confusion between having local roots and being regionalistic.
Due to these extremely high standards there is now a platform arising for redefining the place of Japan within international art. Choosing for the highest measures does not only mean making the most severe judgments, but also generating the highest challenges.
The choices that are appearing in the list of the artists are clearly Japan –based. The Watari-Um Museum is neither regionalistic, nor inter-nationalistic in the sense that it is showing whatever is considered important everywhere. It is: Japan choosing its links, based on the sensibilities of its own culture.

At the same time it is intensively researching and carefully engaging with Japanese and Asiatic artists, therewith enabling them to be an integral part of the whole proposition of the museum, which is one that is becoming a voice to be listened to everywhere. Once Japan will feel more grateful to the Watari-Um Museum than it can now imagine.  

 


Jan Hoet

Message from Harald Szeemann
“A Sounding Triangle” 

響きわたるトライアングル
ハラルド・ゼイマン

Tokyo is fascinating city, quite unlike our Central Euro -pean cities with their historic downtown section, ratherhaphazardly flung out suburbs and sleep silos. In Tokyo,wide avenues accommodating every possible architectural style reflect the city’ s modernism, yet just around the corner the medieval world lurks in a maze of tightly crowded together two-story Japanese housing and shops.The pervasive link between the tow eras and worlds is a California-like supply of energy emanating from a jumble of masts, spars, cables and ropes.
1985, Mario Botta was commissioned to build a small museum in Tokyo, the size of the outstanding pri - vate houses built by the architect in his native Tichino. The task’ s appeal had partly to do with the contrasts in the city’ s layout, and partly with the valuable experience to be gleaned from having to cope with the stringent building law requirements of a city familiar with the devastation wrought by fires and earthquakes. There was as well the attraction to Botta of building this,his first museum building, in the light of the particular circumstances involved in fulfilling the order: the commisionary and necessary confrontation between the architect’ s personalized forms and Tokyo’ s extremely diversified terms of architectural expression, as well as the magic act of the transfiguration of such a physically small starting point into grandeur.

The commission originated with the Watari family。 Generally speaking, art in Japan is handled by major depart - ment sores, various city district museums and commercial art galleries with a bent for Western art。 Hence, as a rule, activity in the field of arts can rarely be defined tin terms of tough trends。 The galerie Watari offered a major exception to the rule。 Since the gallery’ s opening in 1972, artists featured have included: Max Bill(1972), Nam June Paik (all most every year since 1978), Donald Judd (1978), Soto(1979), Lucas Samaras(1980), Sol LeWitt(1980)。 Andy Warhol (since1980), Joseph Beuys (since1981), Buckminster-Fuller(1982), On Kawara (1983), Keith Haring (since 1983), Mario Botta(1985), John Cage(1986), Jonathan Borofsky(1987), Allen Ginsberg(1987), Marcel Broodthaers (1988), Even though incomplete, the list of artists featured by the gallery clearly testifies to what, for Japan, amounts to astoundingly widespread research into all the arts。 It is a program favoring the immaterial, with an eye at once for Fluxus and for severity; it represents a no-holds-barred opening to all that is in fact Western in the artistic field。 It can be inferred from the list as well that Shizuko Watari has been more inclined to follow her keen intu - ition than a particular program when it comes to discovering, those artists with ‘’ universal appeal ’’Her selection of artists is dictated by the ambition to familiarize her city with the international artistic terms of expression in all media, and to do so on her own initiative。
Such a novel spirit calls for novel apparel. Back in 1985, even before Mario Botta’ s reputation was furthered still more by an exhibition at the Museum of Modern Art in New York, the architect was featured at the Galerie Watari in a forum; then his collaboration on the museum project already began. The project involved building on the tract of land where the gallery had originally been sited. The outside of the building was to reflect the inner spirit; the building’ s interior would be required to match the multiplicity of interests housed in what was to be named WATARI-UM, Watari Museum of Contempo-rary Art.
The architect had on his hands a triangular plot, the result of a major throughfare and a turnoff onto the littlest of streets housing another of Watari’ s activities, a bookshop for art books.WATARI-UM is Mario Botta’ s first museum building; it will be followed by another in San Francisco. The triangu-lar plan, already used in a private house in Morbio but not relevant to this case, was no doubt an inducement to come to better terms with this form, encountered at the Library at Villeurbanne (main entrance and façade) or in the inclined roof within the cylinder of the Cathedral at Evry. Above all, as the smallest private museum in a coun-try with the greatest number of museum buildings in the world, WATARI-UM represents a manner of expression to bring the adventure that is Art today to Japan.

It is an expression of a perspective sensibility and there-fore of a possible transubstantiation of the idea of prop-erty in the individual. This aspiration now has its own, and unique, housing— in a country which, until so recently, continued to screen out the very world it has now conquered economically.
Greatly fascinated, Mario Botta worked on this project for five years. The striking result fulfills the challenge of turning the Jingumae Shibuya-ku triangle into a Bermuda triangle of the spirit.
 

東京は魅惑的な都市である。中部ヨーロッパの都市が、古い歴史をもつ中心部とむしろ成功しているとは言い難い周辺地域やベッドタウンからなるのとは反対に、東京では、広い通りには近代が現前して、あらゆる建築様式が建ち並んでいるかと思えば、角を曲がってすぐのところからは中世が始まって、二階建ての日本式住宅や商店が、軒を接するようにひしめきあっている。そしてこれら二つの時代、二つの世界をつなぐ絆は、ごちゃごちゃした電柱、支柱、ケーブル、電線等の空中を通じてなされるエネルギー供給で、それはカリフォリニアを思わせるようなところがある。
Mario Bottaが、小さな美術館−彼がティチーノに建てた優れた住宅ほどの大きさーを東京に建てる依頼を受けた1985年、彼の意欲をかき立てた要素は、東京の街並のコントラストや、初めて日本で建物を建てるチャンス(大火災や大地震に合わせた建築規準を習得する労苦という授業料を払ってでも)にとどまらず、依頼主—建築家個人の造形表現と東京の建造物の極端な多様性との対決—最初の美術館建築、といった条件の組み合わせと、与えられた小さなものをポオ奥菜ものへと変容させる魔術的行為であった。
依頼主は、和多利という一家族である。日本では美術を扱う仕事は、大きな百貨店や比較的小さな市立・区立の美術館、それに西欧中心の傾向を持つ営利的な画廊のものである。これらの場合、ある種の活動方針が確認されることはまれでしかない。しかし、ワタリウムの前身、ギャルリーワタリのプログラムは違った。1972 年に東京に誕生して以来、そこで展示されたのは、次のようなアーティストの作品である。Max Bill(1972), Nam June Paik (1978からほぼ毎年), Donald Judd(1978), Soto(1979), Lucas Samaras(1980), Sol LeWitt(1980). Andy Warhol(1980 から), Joseph Beuys(1981から), Buckminster-Fuller(1982), On Kawara(1983), Keith Haring(1983から), Mario Botta(1985), John Cage(1986), Jonathan Borofsky(1987), Allen Ginsberg(1987), Marcel Broodthaers(1988), この概観が証拠だてるのは、日本にしては脅威的といえる情報作業であり、それと同時に、あらゆる芸術への関心、並びに非質料的なものへの、すなわち流動的(フルクサス)かつ厳密なものへの愛着であり、また、全体としては、西欧に向っての完全な披きである。さらにここから読み取れることは、和多利志津子は、一つのプログラムを遂行したというよりは、自分の強い直感に導かれて、「脱境界的」芸術家を追求してきたのだということである。それはまたすべての媒体を用いた低術の国際語を東京にもたらそうとするーしかも個人のイニシアチブにおいてー野心にも導かれている。かくして、新しい精神は、それに応じた身体を必要とする。1985年、すなわち、まだニューヨーク近代美術館で展覧会がひらかれて名声がいっそう高まるより前に、Mario Bottaの公開対談が、ギャルリーワタリで行われた。この時すでに彼はもともとの画廊の場所に、新しい建物を建てるという依頼に協力することになっていたのである。建物は、外部に向っては、内部の性格をはっきりと示し、内部においては、多様な関心に応えるはずのもので、完成したあかつきには、WATARI-UM(ワタリ・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート)と呼ばれることになっていた。従って、建築そのものが、画廊から美術館になるという主張でなければならなかったのだ。
Mario Bottaにとって、WATARI-UMは、はじめての美術館建築である(次はサン・フランシスコの予定である)。彼はもりビオの住宅ですでに三角形を用いたが、それはワタリウムにとって重要なことではない。WATARI-UMが三角形の見取り図を持つことは、まちがいなくこの形とよりよく附きあるための刺激となっている。たとえば、ヴィルールバンヌの図書館(入り口の位置やファサード)やエヴリィの大聖堂の円筒の傾斜のついた屋根など。美術館の設立が世界でもっとも盛んなこの国において、今日の世界を経済的に制服している一国民のために、いまや、このよう意志を宿すにふさわしいユニークな家が存在する。このことに魅了されて、Mario Bottaは、五年間かけてこの建築に取り組んだのだ。彼が整えた前提条件によって、今、渋谷区神宮前のトライアングルから、精神のバミューダトライアングルが生まれようとしている。  

コレクションワタリウム館外プロジェクトSTAFF募集  
befor WATARI-UM 1972-1989 Galerie Watari

交通

営団地下鉄・銀座線「外苑前駅」より徒歩8分
(青山通りを渋谷方向に向い、青山3丁目交差点を右折、1つ目の信号機左)

住所

3-7-6 Jingumae, Shibuyaku, Tokyo 150 Japan
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-7-6
tel:03-3402-3001 fax:03-3405-7714
e-mail: official@hntjszs.com

開館時間

11:00am〜7:00pm
毎週水曜日は、9時まで延長

休館日

Closed on Munday
月曜日(祝祭日除く)
年末12/31〜年始1/4まで休館

入館料

一般1000円 学生800円 会員無料(25才以下)
ペア割引:大人2人 1,600円 / 学生2人 1,200円 / 
小・中学生 500円 / 70歳以上の方 700円 
身体障害者手帳、療育手帳、
精神障害者保健福祉手帳お待ちの方ご本人 500円
小・中学生 300円,介助者(1名様まで)800円

Adult 1,000 yen / Student (under 25 years) 800 yen
Two-person ticket 1,600 yen / Two-student ticket 1,200 yen / Elementary and Junior-high school student 500 yen /
Adult over 70 years 700 yen

地図 map
東京メトロ銀座線「外苑前駅」より徒歩8分(青山通りを渋谷方向に向かい、
南青山3丁目交差点を右折。1つ目信号機左外苑西道りに面しています)


▲PAGE TOP
ワタリウム美術館
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-6
MAP

WATARI-UM
The Watari Museum of contempary art
3-7-6 Jingumae, Shibuyaku, Tokyo
150-0001 Japan

  tel:03-3402-3001
fax:03-3405-7714
e-mail: official@hntjszs.com
火?斗牛 山?群英会?? 波克棋牌 EDF在?老虎机 公益福彩app